「トロン・レガシー」鑑賞

平主任・レガシー。
石塚です。

新年最初の映画は「トロン・レガシー」です。
川崎のIMAX3Dで見てきました。
本当は初日に見たかったけど年またぎ。

昔のトロンをはるか昔に見たことある気がしますが、
中身はほとんど覚えてないなあ。

さて今回のトロンですが、ストーリーもそこそこ好みな上に
映像も音楽も迫力があり非常に良かったです。

IMAX3Dのちょうど真ん中ぐらいの座席に座って見たので
没入するような感覚も味わえました。

最初の円盤投げるゲームは
はっきり言って何だそれって感じでした(笑)
主人公もなんだかんだやってましたがそう思ってたはず!

しかしその後のバイクのゲームは面白かった。
こういう未来的な斬新なアイテム大好き♪

確かゲームセンターのゲームにもも映ってたし
トロンといえばこの陣取りみたいなレースゲームですよね。

さてそんな映像や音楽の迫力もある映画ですが、
ストーリーは想像していたのとちょっと違って、
良い具合に予告編に裏切られた感じ。

デジタル世界のクオラ役オリヴィア・ワイルドさんいいねー。
髪の毛がアンガールズのやまねみたいに斜めってたけどおされ。

そして純粋無垢な感じが好感持てて、
最後あんなことになっちゃってあらら(^。^;)
ちょっと続き作っても面白そう。

ほぼほぼ満足。
大作っぽいけど気楽に見ちゃえばって作品でした。