「バーレスク」鑑賞

ハイリスク。
石塚です。

クリスティーナアギレラ主演
バーレスク」見てきました。

いやーこれは面白かった!
やばいぐらいの迫力。

映画の結構な部分がショーのシーンで、
歌を歌って踊るシーンが多いのですが、
そのどれもが本格的でしびれます。

ストーリーもなかなか良くて、
主役のアリを演じるクリスティーナアギレラが
ショーに雇ってもらうために必死なところを始め、
徐々に成功していく姿は一緒になって応援したくなりました。

とはいえ全体的によくあるパターンの映画かな。
徐々に調子に乗った感じになるのもありがち。
見ているうちに「プラダを着た悪魔」が頭をよぎりました。

でもそのありがちなパターンが悪いわけではなく、
この映画は迫力も混ざって面白さが振り切れてます。
クリスティーナアギレラの歌唱力も素晴らしい。

バーレスクのオーナーを演じるテス役のシェールも
母なる雰囲気があり良い味出てます。

ストーリーも良く、歌もダンスも出演者も全て良し。
ずーっと見ていたくなるような気持ち良い映画でした。

非常にお勧めです。