「運命のボタン」鑑賞

平主任のボタン。
石塚です。

キャメロンディアスが本格サスペンス初挑戦
と言う映画「運命のボタン」を見てきました。

突然送られてきたボタン。
そして説明員がやってきて、
「ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ」と語る。
お金は困っているけどどうする?

予告を見てたときは、
ボタンを押したあと何が起こるんだろう?って
全然分からなかったので見に行ってみました。

そして予告どおりボタン押す?押さない?って感じで話が進む。
ここは想定どおりな雰囲気。

しかし押してからがひどかった。
はっきり言ってすごくつまらなかったです。
っていうかわけが分からん。

えっ?こういう映画?まじで?
なんかどんどんダメになっていく。

この設定で想像できるストーリーで
純粋に楽しめる映画なら良かったのに。
残念なり。

逆に気になる方は是非(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

むっく
2010年05月16日 15:27
へぇ- 何か恐そうですよね。

そうなっちゃいけないみたいな事言ってるのかな。

キャメロン・ディアスは今までの役柄など戦うイメージがつよくないですか。
2010年05月16日 23:52
ちょっと哲学的なSF的な感じでした。
キャメロン・ディアスの映画では、
「ホリデイ」と「エニイ・ギブン・サンデー」
という映画が好きです。
強い感じの女性像が多いかもしれませんね。

チャーリーズエンジェルとかはもろ
戦ってますね。

この記事へのトラックバック

  • No.225 運命のボタン

    Excerpt: 運命のボタン [Blu-ray]出演:ジェームズ・レブホーンジェネオン・ユニバーサル(2010-10-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 「ドニー・ダーコ」の鬼才リチ.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2010-11-14 01:45