「GOTH(ゴス)」鑑賞

おっす。
石塚です。

2009年ようやく1本目の映画を見てきました。
昨年より公開されている「GOTH(ゴス)」という映画。
本郷奏多さんと高梨臨さんが主演です。

映画全体が非常に怪しい雰囲気で
そんな雰囲気の中、本郷奏多さんがまた
はまり役を演じているのかなあと気になってました。

でも実際に見てみた感想はちょっと期待はずれでした(;´д`)
2009年最初の映画が満足できなくて残念。

作りがストレートな映像ではなく
ちょっとアーティスティックになっていてそれがいまいち。
台詞などもあえて不自然な感じで独特の世界観を醸し出してました。
このテイストは僕には合わなかったようです。

おそらくこの作品は原作はいいんだろうと思うんですけどね。

次に見る映画に期待します。
今年最初にガツーンと来る映画は何になるかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2009年02月01日 23:30
今頃なコメントですみませんが。
ゴス、映画化とは知りませんでした。
内容はあんまり覚えてませんが初めて原作を読んだ時は、
「その年の一番」という衝撃がありました。
映画にするネタだったかどうかは定かではありませんが(笑)
機会があれば映画もチェックしたいと思います(^^
2009年02月04日 00:14
おー!
原作はそんなにいいんですね。
是非映画もチェックして見てください。
原作読んだ方の感想も聞きたいです♪

この記事へのトラックバック