トラックバックと相互リンク

2時間遅れで飲み会に参加!
石塚です。

ブログが流行りだしてずいぶん経ちますが、
最初の頃(今でもか?)ブログの特徴はトラックバックだと強調されてました。

個人ホームページがネット上での主な個人の表現手段だった時に比べて、
相手の記事から自分の記事へのリンクを張ってもらう」と言う行為が
相手の許可がなくても簡単に出来てしまうのはすごいと思いましたね。
(自動登録リンク集なんてプログラムもありましたが)

僕の中でトラックバックはいろんな意味を含むのですが、
以下のような意味があるんじゃないかなと思ってます。

・あなたの記事を参考に記事を書かせてもらいました
・自分の記事へのリンクが増やしてより多くの方に記事を見てもらいたい
・トラックバックを受けることで、自分の記事に関連する記事へのリンクが増え
 自分が書いた記事の価値がより高まる

トラックバックを双方で行うことは
お互いにメリットがあって良いことかなと思ってます。

そんな中最近自分の身に面白い傾向があるんです。

それは趣味で作っている個人ホームページに対して
「相互リンク依頼」のメールが増えていること。

1週間に1通ぐらいメールが来るんですが、
これは一体何が起こってるのでしょう?
理由はよくわかりません。

ブログを作ってトラックバックを打つと言う傾向が強まる中、
個人ホームページを作って相互リンクの依頼メールを送ると言うのが
なんだか非常に新鮮な気分。

まるでEメールが流行っている時に直筆の手紙を受け取ったような感覚。
やっぱりこう言う文化もいいなあなんて懐かしんだりして。

昔はそういうもんでした。
サーチエンジンに登録しつつ相互リンクを結び合うと言う文化。

でも小心者だった僕は「リンクを張ってください」
と他のサイトにお願いすることは出来なかったですけどね(笑)

やっぱトラックバックの方が楽!
と言いつつ自分から先にトラックバックを打てないのは昔と変わってないかも(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tenbears
2006年04月12日 12:20
最近読んだ本で、トラックバックを行なうことでWebがDB化していくという説明がありました。個人個人の行動が結果的に全体としての価値があがっていくという仕組みは凄いですよね!
2006年04月14日 01:54
コメントありがとうございます。

トラックバックは同じ種類の記事がつながりあって
DBになって行くと言う実感があります。

個人の小さな行動が集まって
全体の価値を高めるって素晴らしいですよね。

この記事へのトラックバック