BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2012」鑑賞

<<   作成日時 : 2009/12/19 20:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

1974。
石塚です。

インデペンデンスデイのローランドエメリッヒ監督による
ディザスタームービー「2012」を見てきました。

地球に災害が発生する映画って今までにも何度も見てきたので、
どうせ同じような映画だろうと言う気持ちもあったのですが、
映像がすごいと前評判が高かったので見てきました。

久しぶりに158分と長い映画を見ましたが、
長いと微塵も感じることなく最後まであっという間。
すごい迫力でしたヽ(´ー`)ノ

ただ、多くの人が犠牲になる中、
人の価値を他人に決められるような行為は嫌ですね。
お金持ちだといろいろ計画に援助できたりできるのはわかりますが、
せめてお金なくても情報ぐらい教えてくれよー(;´д`)
各自でどうすればいいかぐらい決めさせて欲しいっす。

たまたま国の上層部に先に報告が行ったから
大統領が情報を隠しあり指揮を取ることも出来てますが、
そうじゃなかったらそういうことも出来ないのにねえ。

さてこの映画はジョンキューザックと
別れた妻とその子供たちを中心に物語が進みます。

やはり情報を先に知ることは有利みたいで、
彼らはお金はなくとも情報を頼りに家族を守るために必死。
その際の国が崩壊する映像がすごいの何の、
急に急ぎ始めた割にちょうど秒単位で降りかかる危機。
手に汗握りますね(^。^;)

彼らが取る行動は、彼らとしては当然正しいと思うのですが、
最後の方は他人を犠牲にしかねない強引さもあり、
結局自分の命を中心に考えるしか出来ないのかなあと複雑な気分。

最後さわやかっぽく終わりましたが
多くの犠牲がある中全然ハッピーじゃないし。
もう少し既存の乗り物を駆使して人を救えなかったのでしょうか。

ただ映画としてはよく出来ていて映像もすごくて非常に楽しめました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2009年映画年間ベスト10
2010年も良い映画が観られますように。 石塚です。 ...続きを見る
BIGLOBE平主任ブログ
2010/01/01 00:00
巨船ローランド号の最期
ローランド号船長「博士、この船が沈没するだと?・・・間違いない?」博士「ええ、あと2時間ほどで」船長「何を根拠に?」博士「マヤ文明がどうたら、太陽黒点がこうたら・・・」船長「さっぱりわからん!とにかく沈むんだな!」副船長「知らせますか?乗客に」船長「待て。パニックが起きたら元の子もない。救命艇への収容人数は限られているからな」副船長「どうやって人選を?」船長「建て前としては遺伝的に優れたエリートを選ぶ。実際には、我々特権階級と、高額チケットが買える金持ちだけ救う」博士「そんな非道い!金儲けのため... ...続きを見る
虎犇秘宝館
2010/03/26 07:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「2012」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる