BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「幸せのちから」鑑賞

<<   作成日時 : 2007/02/05 02:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

BIGLOBEのちから。
石塚です。

先週公開された映画「幸せのちから」を見てきました。
貧乏なあまりホームレスになったこともある時代から
億万長者にまで這い上がる実話を基にした映画です。
本人もカメオ出演しているらしいけどどれだったんだろ?


壁紙はこちら。

この映画は絶対感動するんだろうなあと思ってました。
ただ、いくら最初は貧乏だとはいえ途中で軌道に乗ったら普通の人。
どこまでをスクリーンで見せるのかと言うのが疑問でした。

映画はそのほとんどが幸せへのきっかけをつかむまでの部分でした。
なるほどね。

映画の間中必死なんだけどうまく物事が回って行かないウィルスミスに
ただただ見入っちゃいました。
自分の人生とはまるで違うんだけど自分と重ねて見ちゃったなあ。

骨密度計測器なんて最初からやばいにおいがするのに
売れないと生活できないぐらい投資しちゃったりするもんなんですね(;´Д`)
ほとんど売れない機械をセールスする毎日ではお金が減るばっかりですね。

詳しくは書きませんが、生活が不自由な彼に対してさらに悪いことは続くもので、
とうとうホームレスになってしまう彼。

災難が重なるとかなり精神的にも参っちゃうものだと思いますが、
そんなときでも息子への愛情は全く変わらないのがすごいヽ(´ー`)ノ

そして少しでもお金が欲しい時なのに
よりによって6ヶ月間も給料を貰えずに研修を受けて、
20人の中から1人しか採用されないと言う困難な仕事を目指した彼。
でもここでがんばったからその後の成功へとつながったんでしょうね。

ここを選んだきっかけと研修に参加できた面接がよかったなあ。

アルバイトでも何でもして
すぐに仕事に就いてすぐにお金をもらう事は出来ただろうし、
そうする人は世の中に五万といるでしょう。
でもそういう人はその後普通の生活を送る場合が多いのかもね。

非常に見やすくてじっと見入っちゃう魅力を持った映画でした。

トラックバックいただきました。
労組書記長社労士のブログ
Cinema Chips ブログ版
旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報
本の紹介ページ
ひらりん的映画ブログ
那覇TekTek

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幸せのちから
 今日、ウィル・スミス主演の「幸せのちから」(原題 The Pursuit Of Happyness)を見てきました。  幸せのちから公式サイト{/arrow_r/}ここです ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2007/02/05 11:51
「幸せのちから」観ました。
「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品です。もちろん映画的にドラマチックに脚色がされていて、いろいろ実際の出来事とは違う部分が多々有るようです。 ...続きを見る
Cinema Chips ブログ版
2007/02/05 15:11
幸せのちからを観てきた
よかったです、ほんと~によかったです。俺が父親で映画の中の男の子と同じぐらいの年齢の娘がいるので余計だったかも知れないけれど、期待通りのいい映画でした。日ごろ、子供を可愛がってやれたなと思うお父さん、お母さんは必ず行きましょう ;水曜日に行ったので女性の方も多かったのですが映画の終わりごろには周りですすり泣く声があちらこちらで聞こえておりました。 ...続きを見る
旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超...
2007/02/07 18:37
幸せのちから
幸せのちから ...続きを見る
本の紹介ページ
2007/02/11 10:52
★「幸せのちから」
今週の平日二本立て鑑賞の2本目。 1本目は「愛の流刑地」。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2007/02/28 02:53
【映画】幸せのちから
満足感を感じられる映画です。 実在の人物クリス・ガードナーの半生を元にしたストーリーとなっておりまして。 久々のアメリカンドリーム映画。 ...続きを見る
那覇TekTek
2008/01/30 08:52
「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness)
ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、117分、コロンビア映画配給)。この映画は格差社会の米国を舞台に、父子愛のドラマとして描いており、実のウイル・スミス親子が主演した。父子を描いた作品では、イタリアン・ネオ・レアリスモの傑作「自転車泥棒」(1948年、ヴィットリオ・デ・シーカ監督)が有名だが、本作はこれに匹敵するくらいの名作映画に仕... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2009/04/04 17:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「幸せのちから」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる