BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デイジー」鑑賞

<<   作成日時 : 2006/05/28 02:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 4

実はこっちが本命。
石塚です。

本日2本目韓国映画の「デイジー」見てきました。
ずいぶん前からこの日が来るのを楽しみにしてました。

本当は月曜日の舞台挨拶付きの特別上映を見に行きたかったんです。
主演のチョン・ジヒョンとチョン・ウソンの舞台挨拶です見たかったなあ。

ホームページでチケット発売開始と同時にアクセスしたけど全然つながらず、
1時間ぐらい粘ってましたが、後から聞いたニュースだと5分で売り切れたとか。
ちっ(´ヘ`;)


初日だったからか劇場に入るときにポストカードがもらえました。
この2人はほんとにかわいい&かっこいいヽ(´ー`)ノ

さてさてこの映画、てっきり主役はこの2人かと思いきや
なんともう一人非常に重要な人物がいました!
三角関係へと展開していくジョンウを演じる「イ・ソンジェ」さんです。

宣伝とかでは名前の売れてる2人しか出てなかったので
まさか三つ巴で進むこのようなストーリーだったとは見てびっくり。

刑事(イ・ソンジェ)と殺し屋(チョン・ウソン)と画家(チョン・ジヒョン)。
そしてデイジーにまつわる過去と言うなかなか面白い設定。

前半はイ・ソンジェ中心に話が進み、チョン・ウソンは後半中心に出てくるのですが、
なんだか最初チョン・ウソンがパッとしなかったのであんまり応援できませんでした。
ストーリー上彼女の心をうまくつかめないのですが、観客の心もつかみ切れない感じ。

それが後半はどんな展開を見せるのか!?ってところが見所ですが、
確かに後半盛り上がりを見せるのですが、もう少し物足りない感じ。
それぞれの人物の気持ちの変化がもう少し納得行く形になってればなあ。

今回チョン・ウソンよりもイ・ソンジェの味方になって見てしまったのが
映画全体としての物足りなさを感じた原因のようです。
でもウルウルしちゃいましたけどね。
あと最後の最後の終わりのシーンは絶品でした。

ちなみに隣に座っていた女性が韓国人女性だったのですが、
途中から号泣してましたよヾ(・・;)

トラックバックいただきました。
映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
めらんじぇのうら夢ストリート
水曜日のシネマ日記
雑板屋
soramove
よしなしごと
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
水曜日のシネマ日記
デコ親父はいつも減量中
映画回顧録〜揺さぶられる心〜
Kio -朔北- De nuevo

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デイジー
●『デイジー』2006年5月27日公開。『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が香港、韓国映画スタッフ&キャスト陣で製作した最新作。脚本が『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン。いつもの事だからあっ!と驚くどんでん返しがありそう。.... ...続きを見る
映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
2006/05/28 21:29
今回の映画〜【デイジーDAISY】〜
韓国映画【デイジーDAISY】を観ました。 ...続きを見る
めらんじぇのうら夢ストリート
2006/05/31 09:41
???????????????〓???????????
&&&&&$&&&&&?&&&&?&?&&?&&&?&?&?&&?&&& ...続きを見る
??????Υ??????
2006/06/06 22:33
「デイジー」
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ ...続きを見る
雑板屋
2006/06/08 13:25
「デイジー」チョン・ジヒョンがもっと輝いて欲しい
「デイジー」★★★ チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ主演 アンドリュー・ラウ監督、2005年、韓国 ...続きを見る
soramove
2006/06/11 01:03
「デイジー」見てきました
 僕の彼女を紹介します、私の頭の中の消しゴムに続く、感動作(と言われている)デイジーを見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/06/12 02:13
『デイジー / DAISY』 ☆今年53本目☆
『インファナル・アフェア』を始め、フィルム・ノワールを得意とするアンドリュー・ラウと、純愛物語を得意とするクァク・ジェヨン、そしてチョン・ウソン、チョン・ジヒョンというアジアの才能溢れるスタッフが集まって制作された作品。 予告を見た限りでは、切ない愛のト... ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2006/06/17 09:04
DAISY・デイジー
 『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』『僕の彼女を紹介します』の脚本家クァク・ジョエンの作品。韓国純愛ドラマにはただの一度もはまりませんでしたが、私はこの脚本家の書くラブストーリーが大好き。チラシなんかを読んで、大体こういうお話だろうと想像して行くと、その想像は ...続きを見る
シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センタ...
2006/06/27 14:20
目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2006/06/28 19:42
デイジー−(映画:2006年94本目)−
監督 アンドリュー・ラウ 出演 チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2006/07/15 21:40
TAKE 41「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」
第41回目は「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」です。 ...続きを見る
映画回顧録〜揺さぶられる心〜
2007/02/17 23:35
DAISY【韓国映画】
DAISY(2006年) ...続きを見る
Kio -朔北- De nuevo
2008/03/09 12:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何故か日本では二人主演のように扱われているこの作品、、、
たしかに知名度は断然二人のほうが上だもんなぁ。
同じ時間が3人それぞれ中心で3回流れるところが面白かったです。
あ、予告で「僕の世界の中心は君だ」(だっけ?)が流れました。
日本のセカチューは見てないんですけど、こっちは見ちゃうかも。
めりぃ
URL
2006/05/29 00:30
どうもです。
僕はてっきり2人が主演の映画だと思ってましたよ。
でも映画はなかなか良い設定でそこそこ面白かったです。

映画にちょっとしか出てないけど知名度の高い脇役の人を
日本ではチラシに乗せたり名前を一番に書いたりしますよね。
今回はその逆で知名度の低い人を削除ですか( ; ゚Д゚)

「僕の、世界の中心は、君だ。」ですね。
僕が見たのには予告ありませんでした。
面白そうでしたか?
この映画も早く見たいなあ。
石塚@BIGLOBE
2006/05/29 01:50
石塚さん、いきなりのコメントで失礼します。
僕もデイジー観ましたのでトラバさせていただきました。
イ・ソンジェの扱いが確かに薄いですよね。
しかもあの結末ですし。
彼はあまり目立ちませんが、控えめな演技好きです。
これからも遊びに来ますので、どうか宜しくお願いいたします。
めらんじぇ
URL
2006/05/31 09:48
いえいえいきなりのコメントありがとうございます。
ブログはそういうもんでしょう。
そしてトラックバックありがとうございます!

イ・ソンジェ狙いで見る人は確かに少ないと思うので、
扱いが薄くても仕方ないかなとは思うのですが、
2人が主演の恋愛映画みたいに見えたせいで
見る前と見た後で全然違った印象だったのがびっくりでした。
でもやさしい控えめな演技良かったですね。

今後ともよろしくお願いします。
石塚@BIGLOBE
2006/05/31 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「デイジー」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる