BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スクールデイズ」鑑賞

<<   作成日時 : 2005/12/19 01:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

夜はブログの作業と撮りためたビデオの消化で終わり。
石塚です。

森山未來君主演映画「スクールデイズ」を見てきました。

タイトルとチラシの絵を見て興味を持ち、
全くストーリーを知らずに見に行ったのですが、かなり予想外のストーリーでした。
明るく楽しくはちゃめちゃな学園生活を過ごす映画かと思ってましたが
どちらかと言うと全く逆って言う感じでしたね。

子役で業界デビューしながらノイローゼになって引退したと言う設定の主人公。
そんな彼が学園ドラマのオーディションで役をゲットするところから話は始まります。
しかし現実でいじめられている彼は学園ドラマの中でもいじめられる役。
次第にドラマにのめりこむ彼は現実とドラマの境界があいまいになると言う話。

かなりメッセージ性もあるような感じですがかなりダークな内容。
胸を張って面白かったとはいえないのですが見てよかった感じ。

主人公が、実生活で受けるいじめをドラマの演技に生かしながら、
ドラマの先生の教えを現実にも適用していくと言う循環が続きました。
生かすといってもいじめられる内容なのでダーク。
しかも主人公の家族も一癖ある両親なので全体がダークな世界観でした。

楽しいのを期待していたから微妙な感想なのかも知れませんが、
じっくり見るとやはり深い映画でした。
最後はどうなるのかと思いましたが明るく終わったのが良かった。

ノベライズが「人生はドラマのようには・・・」というタイトルみたいで、
ゲームの世界なんかも含めて、現実と非現実の世界の境界について
考えさせる映画でした。

僕は最近映画や舞台やドラマを見まくって本も読みまくっていて、
それを現実にも生かせないかと思っていましたが、
基本は地に足を付けておかないとなあと思い直させてくれる映画でした。

トラックバックいただきました。
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
アロハ坊主の日がな一日
のら猫の日記

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
森山未來『スクールデイズ school daze』舞台挨拶@テアトル新宿
今日は夜の「12人の優しい日本人」まで暇なので、時間潰しがてらに『危険なアネキ』でもお馴染み&エキストラでも遭遇した森山未來主演の映画『スクールデイズ schooldaze』の舞台挨拶に行ってきた(ぇ  サンスポ舞台挨拶終了後、すぐに漫喫でこれを書いてる僕っていったい... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2005/12/20 14:39
[ スクールデイズ school daze ]学生服の山本太郎、まだまだ健在
[ スクールデイズ school daze ]@新宿で鑑賞。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2005/12/30 12:28
スクールデイズ(2005/日本/監督:守屋健太郎)
【テアトル新宿】 わずか0歳で芸能界デビューし、天才子役と騒がれたもののさまざまな問題を抱え8歳で惜しまれつつ引退した相沢晴生(森山未來)。以来8年間、自分の思いとは裏腹にロクなこともないまま、今は冴えない高校生となっていた。そんな晴生は再起をかけて、人気学.. ...続きを見る
のら猫の日記
2006/01/22 01:57
スクールデイズ school daze
■観覧場所 センチュリーホール■ ...続きを見る
かりめろ日記
2006/01/31 00:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「スクールデイズ」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる