Windows7β版を使ってみた

平主任7。
石塚です。

Windows Vistaの次のOSである
「Windows7」のβ版ダウンロードが始まったので
早速ダウンロードしてインストールしてみました。

マイクロソフトのサイトからWindows7の
DVD用のISOイメージファイルをダウンロードして
それをDVDに書き込むことでインストール用DVDを作ります。


あとはそれを今使ってるOSで起動すればインストールできます。
こちらが作ったDVDからインストーラーを起動したときの画面。

僕は別ハードディスクにインストールしたので、
インストール後は、今使ってるWindows VistaとWindows 7の
OS選択画面が出るようになりました。


これがインストール直後の画面。
なぜかデフォルトの壁紙金魚なんですけどーw(゚o゚)w


まず一番今までと違いを感じたのはタスクバー。

起動するアプリが順番にタスクバーにアイコン化していくのですが、
同じアプリで画面がいくつも立ち上がった場合は、
そのアイコンにマウスを当てると起動しているウィンドウ一覧が表示されます。
アイコンも実はウィンドウがいくつもあるイメージに変化してます。


あとキャプチャーソフトが標準でついてましたね。
切り取りたい場所にマウスを持っていけって画面が出ます。


そしてこんな感じでキャプチャ操作が出来ます。
気になったものを簡単にメモできそうですね。


付箋も標準でついてました。
まあVistaもガジェットとして付箋ついてましたけどね。


テーマを変更してもっと鮮やかな写真の壁紙にしてみました。
そしてカレンダーと天気予報のガジェットをデスクトップに出してみました。

Windows Vistaにあったサイドバーは無くなっちゃったのかな?
ガジェットを好きな位置におく使い方しか出来ない雰囲気でした。


ウィンドウを画面の右端や左端に持っていくと画面半分最大化になり、
ウィンドウを画面の上部に持っていくと画面いっぱいの最大化になりました。
結構便利な機能かも!

二つのウィンドウを並べて見たい場合は、
ウィンドウをドラッグしてそれぞれ右端と左端に適当に持っていけば
ウィンドウをきれいに左右に配置することが出来ます。

他にも言語でOSを操れそうなメニューとかFAXの送受信とか
いろいろ使えそうでした。

とりあえず普段使っているBeckyというメールソフトをインストールして、
Vistaを立ち上げたときと同じデータフォルダを見に行って共通で使えるようにして、
いつもブログを書くときに画像をリサイズしたりしているPaintShopProというソフトを
インストールしてみました。

両方全く問題なく使えました。

しばらくVistaと併用でWindows7のβ版を使ってみたいと思います。

"Windows7β版を使ってみた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント