「白夜行」鑑賞

白夜の世界に行ってみたい。
石塚です。

東野圭吾原作の映画「白夜行」を見てきました。
原作は読んでないのですが、ドラマで話は知ってました。

今回はちょっとだけネタバレ要素も含むのでご注意。

ドラマ版は山田孝之・綾瀬はるかコンビでしたが、
映画版は高良健吾・堀北真希コンビが主演。
どちらもなかなかの組み合わせだと思います。

映画の内容はそこそこ面白かったのですが、
ドラマとはちょっと描き方が違って印象も違いました。

ドラマでは幼いころに何があったのかが割と早めに
映し出されて、その後の2人を見守る感じでしたが、
映画では最後の方まで2人の関係が明示的に表現されず
原作を知らない人がこの映画を見たらどう見えたのかが
気になりました。

堀北さんの行動はちょっと不自然で疑わしさ満点ですが、
それも含めて冷血で違和感のある役をうまく演じていた
ように思います。

消して心の晴れない人生。
感情を殺して淡々と人生をこなす感じで全然楽しくなさそう。

高良さんの常に路頭に迷ったような演技も抜群。
彼はどの映画でもちょうど良い役作りするなあ。

2人が主役なのに2人がなかなか登場しなかったり、
登場しても2人は決して交わらない。

お互いが相手に対してどう思っているのかとか
心情を露呈するような場面は原作にもないのかなあ。
あくまで行動で示すだけのドライさが原作も含む
この作品の特徴なのかな。

2人の関係性を暴こうとするのが船越栄一郎さん演じる刑事。
ドラマでは武田鉄矢さんが非常に怖い刑事となって山田孝之
さんに敵意むき出しでしたが、船越さんは割と物腰柔らかく
ストーリーテラーのような感じでした。
ありだと思いました。

映画としての面白さは中ぐらいで、全体的に暗めの
お話ですが見て損はしない映画かと思います。