「SPACE BATTLESHIP ヤマト」鑑賞

宇宙戦艦ヒロシ。
石塚です。

日本では珍しい本格?SF大作
SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見てきました。
あのキムタクが古代進を演じる事でも話題です。

監督は山崎貴さん。
僕の大好きなリターナーと三丁目の夕日の監督です。

かなり不安要素たっぷりの作品だったので
心配していましたが、意外に良かったヽ(´ー`)ノ

アニメの宇宙戦艦ヤマトは小さいときに見ていましたが、
大体の人物とイスカンダルに放射能除去装置を求めて
旅する程度なら分かりますが、細かいストーリーは覚えてません。

今回オリジナルと全く同じなのかどうか分かりませんが、
改めてストーリーこう言う映画だったのかと思い知りました。

はるか彼方にあるイスカンダルに向かう途中、
若干敵に襲われて迫力あるシーンもありましたが、
とにかくワープを繰り返してどんどん移動するヤマト。
このあたりなんかあっさりしすぎな感じ。

道中もっと見せ場はなかったんかいなあ。

そして毎回ワープだ!波動砲だ!のどっちか。
ちょっとワンパターンだったかな。

ただそうは言ってもアニメに忠実気味の
登場人物達は結構がんばっていて、
ドラマ性はそこそこ面白くありだなと感じました。

黒木メイサも森雪役めっちゃはまってました。
キムタクも僕は嫌じゃないですよ。

普通に映画作品として及第点はつけられる出来だと思います。