「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」鑑賞

インシテミルをミテミル。
石塚です。

インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を見ました。
藤原竜也さん綾瀬はるかさんらが主演のミステリー。

ライアーゲームとか大好きなので
これも同じような雰囲気を期待して見に行きました。

しかしこれは全然面白くなかったなあ(;´д`)
って言うか人それぞれの行動の動機付けが不十分すぎ。

ストーリーとしては、時給11万2千円という高額なバイトに
つられてやってきた参加者が暗鬼館という密室の中で
7日間を過ごすと言うもの。

全員殺人ゲームを楽しもうと思ってきたわけじゃなく、
割と普通の人たちばっかりなのに殺人とかが発生。
そしてルールに従って犯人探しをするメンバーたち。

しかしこのルールがまず全然効果的じゃない。
何のためにあるの?殺人を助長するためなんだよな?
それなのに途中から完全に意味がなくなってました。

その後一応連鎖するように殺人が発生しますが、
もうむちゃくちゃ┐('~`;)┌

絶対に殺人を犯すような心理状態にまで
追い込まれてないのにあっさり人を殺しちゃう。
おいおい浅はかすぎないかヾ(・・;)

もしかしたら原作はちゃんとそのあたりの
描写ができてるのかもしれませんが、
少なくとも映画の展開は唐突な感じです。

この手の映画はそこが肝だと思うので、
基本がなってなかったなあと残念な感じ。

実はバトルロワイアルが良く似た映画だと言う気が
したのですが、こっちは追い詰められて仕方なく殺しあう
心理描写が非常にうまく描かれていて良作だと思うんですよね。

うーん残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

むっく
2010年11月03日 01:30
何か本当にストーリーの展開が唐突になってしまうのですね。
やっぱり恐過ぎます瀇
ストーリーが過激ってどんな風潮なんだぁなどと思ったりします。

この記事へのトラックバック