宮部みゆきの「火車」を読んだぜよ

生活は火の車。
石塚です。

大ヒットベストセラーである「火車」を読み終わりました。
宮部みゆきさんの著書です。
彼女の小説を読んだのは初めてです。


「1988-2008ベスト・オブ・ベスト 国内編第1位」
確かに人気があるだけあって面白かったです。

遠い親戚の男性に頼まれて
彼の婚約者の失踪について調べ始める休職中の刑事。
そして彼女の失踪の裏に浮かび上がる数々の事実。

主人公の刑事は特別虚をついた行動をとるわけではなく、
至極順当に聞き込み調査をして真実を浮き彫りにしていく。
読み手としてはその調査に同行して一緒になって話しを
聞いている気分で小説を読み進めた感じでした。

普通の捜査なのにじわじわ面白くなってくるのが、
2人の消息不明の人物が出て来て、その2人の過去が
平行して明らかになりつつ少しずつ交わっていく点。

そしてその捜査がリアルな感じで、本当の事件も
こうやって調査していくんだろうなあと言う雰囲気がすごくある。

さらに全ての想像が確信に変わりつつ、
最後はそこで終わるんかいと言う終わり方が
非常にもやもやするのですが話としてはうまい終わり方。
やられたって感じでした。

評判通りの面白さ。
もちろんお勧めです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

むっく
2010年07月12日 16:03
最近は小説も、頻繁に読むのですね。

売れ筋ランキングの上位から選んだりする感じなのですか?

石塚さん家の生活は裕福そうですが箞

ひゅーるりーなむっく。

むっくは銀河鉄道の夜とか見てみたいかな-
たなか
2010年07月17日 20:09
読んでみました。分厚い!と思いながらも面白くて一気に読みました。宮部さんの本は何冊か読んでますが、なかでもコレは面白かったです。
でも最後がちょっと(-.-;)
その先も書いて欲しかったなぁ。
2010年07月21日 03:56
そうそう僕も最初分厚くて
なかなか読み出せなかったのですが、
読んでみたらめちゃくちゃ面白かったです。
最後もう少し先まで読みたいですよね(;´д`)

この記事へのトラックバック