こんな映画見たことない!映画「告白」の感想を激白

生シネスクをお手伝い。
石塚です。

昨日はシネマスクランブルの
告白」試写会&公開生シネスクの手伝いに行ったので、
僕も一緒に「告白」見てきました。

この映画は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」
「パコと魔法の絵本」などの作品を手がけられた中島哲也監督。
6/5より全国東宝系にて公開。
湊かなえさんの人気小説が原作です。

僕はこの作品の事をほとんど知らずに見たのですが、
いやーとにかくすごい映画でしたヽ(´ー`)ノ

何がすごいって、ストーリーも衝撃的でしたが、
なんといっても超感覚の映像表現にしびれました。

映画全体に漂う青白い冷たい雰囲気。
そして効果的なスローモーション映像を始め、
人物を間接的に捉える映像や逆回し映像、繰り返し映像。

音楽とともに進むストーリー展開は
まるでプロモーションビデオのよう。

「フェイス/オフ」でオーバーザレインボーが流れる中
スローモーションで銃撃戦が行われるシーンとか思い出してました。

最初から最後までジェットコースターに乗っているような感覚で、
学園ドラマなのになぜかロードムービーのような感覚も受けました。
最初から最後まであっという間。

とにかく圧倒的な映像表現にすっかりやられてしまった(;´д`)

うまく表現しきれないですが、
静かな雰囲気の中に迫力が共存していると言う感じ。

なんのこっちゃ分からない説明ですね。
でも本当にそんな感じを受けた映画でした。

ストーリーも結構僕の想像とはどんどん違う方向に展開して
良い意味で裏切られっぱなしでしたヾ(・・;)

なるほどそういう出来事にそう対応していく映画なのかと思っていたら、
実はそんな単純な話ではなかった(;´д`)

いろんな登場人物が、いろんな意思を持って行動していた。
そして先生の最初の告白だけでなくそれぞれが告白するような形式。
まるでレザボアドッグス!?

それぞれの登場人物に焦点があたり、
話が進むにつれて次第に事の全体像が見えてきてくる。
映像と話が両方良くてすっかり引き込まれた僕は、
まだ映画見終わってないのにこれはすごいぞと思って見てました。

最後も結構面白い終わり方。
素敵♪

若干血が飛び散ったりすることもあり、
もしかしたら苦手な人は苦手なのかも知れませんが、
僕は今年見た中で一番の映画かも。

激お勧め。

原作読んでからもう一回映画見ようかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

むっく
2010年05月28日 23:30
試写会にご招待される事が多いのですね。

お仕事関係でお招きされるのかなぁ~

いっぱい映画見られていいですね。

何といっても大人料金まあまあしますよね。

吉祥寺はお洒落な町なのかぁ?

そうだマップ見たのですけど、練馬インターが付近にあるのですねっ

この記事へのトラックバック

  • 告白

    Excerpt: 試写会で見ました。 本を先に読んだので、流れはわかります。ポスターが何しろ強烈で Weblog: うろうろ日記 racked: 2010-06-03 22:51
  • 映画「告白 」原作を超えた、恐るべき作品、傑作誕生!

    Excerpt: 「告白 」★★★★☆オススメ 松たか子、岡田将生、木村佳乃出演 中島哲也監督、106分 、2010年6月5日公開、2010,日本,東宝 (原題:告白 )                     .. Weblog: soramove racked: 2010-06-11 07:43
  • 小説「告白」を読んだ

    Excerpt: 最近読書欲が高まってきました。 石塚です。 Weblog: BIGLOBE平主任ブログ racked: 2010-06-14 03:04
  • 2010年映画年間ベスト10

    Excerpt: 2011年も良い映画が観られますように。 石塚です。 Weblog: BIGLOBE平主任ブログ racked: 2011-01-02 02:13