「ラスト・ブラッド」鑑賞

ラスト・平主任。
石塚です。

400年以上続くオニと人類の戦いに決着を付ける映画
ラスト・ブラッド」を試写会にて見てきました。
5/29より公開です。


壁紙はこちら

アクションはまあいいけど世界観はどうだろって感じでした。

オニを葬り去るために戦う
セーラー服に身を包んだ16歳の少女サヤ役をチョン・ジヒョンが演じ、
オニのボスオニゲン役をなんと小雪が演じてます。

僕は「猟奇的な彼女」を見て以来チョン・ジヒョンの大ファンですが
そんな彼女がセーラー服を着てしかもアクションって( ̄□ ̄;)!!
日本のオタクにはたまらない設定ですね(笑)

サヤがオニをばったばったと切りまくる様はまるで
映画「あずみ」の100人切りかと思っちゃいましたが、
とにかく格好良さにこだわったアクションはすごかった。

でも必要以上にストップと早回しのような演出がなされていて、
ちょっとやりすぎて見づらいなあと言う印象。
自分たちが格好良い映像を作りたくて作ったという感じかも。

小雪は貫禄の演技ですごい良かったです。

日本と香港とアメリカが入り混じったような設定で、
時たま口の動きに全然あわせる気のない日本語のアテレコが
あったりして??って思う場面も多く違和感ありました。

原作は日本のアニメで、
「BLOOD THE LAST VAMPIRE」で、
土曜夕方のガンダム枠で放送されていて実は見てましたw(゚o゚)w

そんなアニメを見ていた僕なのですが、
この映画の世界観にはどうも違和感を感じてしまいました。
軍とか組織とかの見せ方がへたくそだったからだと思うんですけどね。
どうもリアルに感じられなくて、嘘っぽかったなあ。

僕の評価は60点ぐらいかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「ラスト・ブラッド」プチレビュー

    Excerpt: フルデジタルアニメ「BLOOD THE LAST VAMPAIRE」を、 「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン主演で実写化。 過去のチョン・ジヒョンの役柄とは異なり期待したが… Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2009-05-31 00:59
  • 「ラスト・ブラッド」鮮血ほとばしる無国籍ムービー登場

    Excerpt: 「ラスト・ブラッド」★★★☆ チョン・ジヒョン 、アリソン・ミラー 、小雪 主演 クリス・ナオン 監督、2009年、91分、香港 「セーラー服姿のチョン・ジヒョンが 迫り来るバ.. Weblog: soramove racked: 2009-06-04 22:40