merrymaker「Dolce!」鑑賞

Dolce!には目がない平主任。
石塚です。

6回公演中5回も見ている劇団
merrymakerの舞台「Dolce!」を見てきました。



今回は大正時代を舞台にした探偵もの。
女学校を舞台に繰り広げられる、
消えた女学生を探すドタバタミステリーです。

僕の大好きな推理ものなので、
事件の真相を突き止めるドキドキ感や意外な犯人など
非常に期待して鑑賞させてもらいました。

面白さは中ぐらいかなあ(笑)
確かに予想もしてなかった意外な展開にはなりましたが、
事件としては推理するまでもなく勝手に謎が解けてしまった感があり、
物語の醍醐味を味わう部分が物足りなかったのが残念(;´д`)

あいつもこいつも実は正体が○○ってのがちょいやりすぎ。
もう少し絞ってくれた方が見ていて楽しめたんだけどなあ。

でも一人ひとりの演技は相変わらずうまくて好感持てます。
表情も豊かだし演劇を見る楽しさを味わえます。
前回同様とちる場面が多かったのはもったいないなあ(-"-;)

さて次回公演はなんと第2回公演
ミネルヴァの梟は新月に飛び立つか」の再演だそうです。
僕がこの劇団に初めて出会った舞台です。
興味ある方は是非。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック