「ひぐらしのなく頃に 誓」鑑賞

平主任の誓。
石塚です。

試写会にて「ひぐらしのなく頃に 誓」を見てきました。
前作の「ひぐらしのなく頃に」の回答編らしい。
なんだよ回答編って(笑)


壁紙はこちら

舞台用脚本から始まって様々なメディア展開している本作ですが、
僕は前作の映画以外のメディアは全く見たことないため、
今回の回答編も何がどう回答編なのか内容は知らないまま、
とりあえず普通に期待して見に行ってきました。

試写会場には開演直前ぐらいに着いたのですが、
なんとなくいつもの試写会と雰囲気が違いました。
映画好きの客層ではなく「ひぐらし好き」って雰囲気が漂ってました。

映画の内容としては、続きというよりは、
前作とほぼ同じ時間の流れの中で、同じ主人公たちが再び物語を展開します。
前回は主人公の男性視点で描かれていましたが、
今回はレナという女性中心に描かれています。

回答編というイメージと、前回と同じ時間から始まった物語を見て、
同じストーリーを別の視点で描く事で、前回の事件の真相を明らかに
するのかと思っていたのですが、どうも話の展開が少し違うんですよね。
と思いつつ前作と同じシーンや前作が深層記憶みたいに出てきて微妙にシンクロ。

いったいどういう設定でどういう内容なのか完全には理解できず。
同じ時間を何度も繰り返しているという設定なのかなあ。
そういう映画だったら何度か見たことありますけどね。

チラシをみると、原作ではパラレルワールドのように複雑に構成される
独自の"ひぐらしワールド"を作り上げているとかかれています。
うーん映画もパラレルワールドだといえばなんでもありになってしまうけど
本当にそういうことでいいのでしょうか!?

前作との関係が完璧にわかったわけではないので
映画が良かったかどうかは評価できず(;´д`)

でも映画の作り方として、映画全編でおどろおどろしい
張り詰めた緊張感を漂わせているのは前作に引き続き楽しめました。
こういう雰囲気、あると思います!

演技はうまいというよりは、演じてますって言う感じなのですが、
まあこの映画としてはその演じ方が逆に合ってるかなって印象。

ひぐらし好きの周りの方々からは「演技がなってない」
と厳しい評価の声がちらほら聞こえてきましたが、
原作jのイメージに合ってないのでしょうか?

原作読むとこのストーリーのもやもやは解けるのでしょうか、、

トラックバックいただきました。
泉獺のどうでも映画批評

この記事へのコメント

ペンペン
2009年04月14日 15:22
はじめまして、いつも素通り流れ見してるBIGLOBEユーザーです。ww
この作品ちょっと気になってましたがいまいちでしたかね~残念!

あ、関係ないのですがLogMeInって便利なんですね
http://office.biglobe.ne.jp/lmi/index.html
登録しちゃいましたよww
でもPROまでは・・・
一度ぜひ記事で取り上げてください~
2009年04月17日 00:50
いつも素通りしてくださって
ありがとうございます(笑)

書き方が悪かったかもしれませんが、
そんなにいまいちってほどではなかったですよ。
良い具合の張り詰めた緊張感を楽しめました。

LogMeInやってますね。
まだ使って見てないので、
使って見たら記事かいてみますね。

この記事へのトラックバック