「その日のまえに」鑑賞

あの日の平主任。
石塚です。

東京国際映画祭の特別招待作品にもなっていた
大林信彦監督映画「その日のまえに」を見てきました。
南原清隆さんと永作博美さん主演で、
重松清さん原作です。

死の宣告を受けた永作博美さん演じるとし子。
死ぬまでの時間に何が出来るか?どう過ごすか?

きっと僕の好みの映画だろうと思って見に行ったのですが、
どうも感情移入しにくい映画でした。
うーん残念(T-T)

まず映像がいまいち。
演出なのかもしれないのですが、
電車に乗っているシーンで景色の合成が目ざとくて
違和感ありまくりの映像でそこでおや?って思いました。

あそこは何であんな変な雰囲気にしちゃったんだろう?
こだわらなかっただけなのかノスタルジックさを出したかったのか。
日本映画にはたまに合成映像で不自然なシーンあるんですよね。

そして過去の思い出の地に向かうところはもう少しぐっと来そうなのに
ここもあえて作られている?不自然な雰囲気と演技にどうも入り込めず、
感情移入したいのに出来ない状態が続きました、、、
主役のナンチャンの演技が映画に合ってなかった気がします。

ストーリーもなんだか消化不良。
なんかばらばらで、「出発進行~!」の車掌さんとか
僕には逆効果にしか見えなかった。

宮沢賢治の「永訣の朝」の詩にのせた
クラムボンの歌は良かったように思ったんですけど
感情移入できてないのに139分は長すぎ。
いくらでも短く出来そうなシーンはありそう。

この映画重松清さん原作だし、
原作読むともっともう少し面白いのではなかろうか?
映画はちょっと見ていてつらいものがありました。

個人的には非常に残念な映画でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『その日のまえに』

    Excerpt: 角川映画ファンブロガーサイトに参加中 先日、モニタープラザのモニター案件で記事書きをして、南原清隆と永作博美主演の大林宣彦監督作品『その日のまえに』のサンプルDVDをいただきました。 ここのと.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-06-18 22:48