キャラメルボックス「きみがいた時間 ぼくのいく時間」鑑賞

平主任ボックス。
石塚です。

今日は早めに会社を出て、キャラメルボックスの舞台
きみがいた時間 ぼくのいく時間」を見て来ました。
キャラメルボックスの舞台を見るのは初めてです。


主演はテレビでもめちゃくちゃ活躍しておられる上川隆也さん。
俳優としてめちゃくちゃ大ファンなので初めて見る彼の舞台楽しみにしてました。
しかも話がこれまた僕の大好きなタイムトラベルもの。
俳優さんにもストーリーにも期待大でした♪

見てきた感想ですが、非常に大満足ヽ(´ー`)ノ
やっぱみなさん演技がうまいですね。

典型的なタイムトラベルストーリーでしたが、
舞台装置も完璧に作りこまれていてタイムマシーンまで大掛かりなセット。
臨場感溢れるその世界感とストーリーにどっぷり見入る事ができました。
とにかく素晴らしい!ヽ(´ー`)ノ

ただタイムトラベルのストーリーだけに
矛盾な部分がないかは気になってましたが、
最後だけはちょっとストーリー的に納得いかない気もしましたけどね。

とにかく笑うシーンも泣けるシーンもあり全く飽きませんでした。
第1幕と第2幕にわかれて途中15分休憩がありましたが、
どうせなら続けてみてしまいたかったぐらいです(;´д`)

生でみる上川さんは話し方も演技もテレビで見ていた上川さんそのまま。
テレビで活躍している憧れの俳優さんがこんなに身近で見られて興奮です♪
上川さん以外の人もすごく演技はうまくてさすが本格的でした。

キャラメルボックスもまた行きたいなあ。


帰りにキャラメルボックスキャラメル買ってみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月09日 23:05
やっぱり生の舞台って良いですよね。
芝居、演奏、踊り…その時で消えてしまうものなのだけれど、感動した舞台はずっと心に残ります。

よい舞台に出会えると、「よっしゃー、頑張るぞっ!!」という気持ちになれますよね。
2008年03月17日 01:24
生の舞台はやめられません。
映画よりも感動しますね。
この舞台もほんとそんな舞台でした♪

この記事へのトラックバック