「88ミニッツ」鑑賞

平主任ミニッツ。
石塚です。

アルパチーノが異常犯罪分析医を演じる映画
88ミニッツ」を見てきました。

アルパチーノ演じるジャック・グラムが9年前に証言をし、
死刑囚となった殺人犯のフォレスター。

彼の死刑執行の当日になり、当時の彼の犯罪と同様の手口の事件が勃発。
さらに「お前に残された時間は88分だ」と言う脅迫の電話がグラムに。
果たして犯人は?何のために?

小さい映画館で上映されていることが少しだけ不安だったのですが、
これはめちゃくちゃ面白かったですヽ(´ー`)ノ
見逃さずに見てよかった♪

88分というカウントダウンが始まり、映画はリアルタイムで展開。
あまりにも緊迫しすぎて、見ている側が疲れてしまいそうなスリリングさ。
周りの人間の誰もが怪しくて最後まで誰が犯人なのか振り回されます。
でも見ている途中からこれは面白いぞとうれしくなったぐらい。

緊迫した中、会話の中にいっぱい名前が出てきて、
どれが誰だったかややこしい場合もあり混乱しそうでしたけどね。

最後は88分というタイムリミットな事もあって犯人が判明しちゃいますが、
そこそこ納得できて楽しめたのは間違いないです。

結構お薦めですヽ(´ー`)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック