頭の体操

明日からまたスノボ。
石塚です。

今日会社でちょっと話題に出たのが
DSのゲームで話題になってるのが「レイトン教授と不思議な町」。

これはドラゴンクエストVIII を作ったレベルファイブ製作のゲームで、
なかなか落ち着いた色使いでかわいらしいキャラクターを使った
ファンタジーアドベンチャーと題したクイズやパズルを解いていくようなゲーム。

大泉洋や堀北真紀さんが参加していることなど
いろいろ注目要素がてんこ盛りなのですが、
なんといっても千葉大学の名誉教授多胡輝大先生
が監修していることが僕にとってはドツボ。

要するにこのゲームは「頭の体操」なんです!

「頭の体操」と言うのは多胡輝先生が書いたクイズの本なんですが、
僕が生まれる前に大ヒットした伝説のベストセラー本。

僕はこの本を物心つく前から読んでいて、
幼稚園ぐらいからの僕の愛読書でした。
これを読んで育ったといっても過言ではないぐらいで、
おそらく僕の人格形成の要因のひとつになっていると思います。

この本の存在を知って読み始めたときには第6巻までしかなかったのですが、
第6巻で止まっていたはずのシリーズが、何年もたっていたある日突然
第7巻が発売されて非常にうれしかった記憶があります。

その後このシリーズは定期的に出るようになり僕は14巻ぐらいまで
買ってたんじゃないかなと思いますが、今調べてみたら23巻まで出てるんですね。

マジカル頭脳パワーというクイズ番組が始まったとき、
開始当初は純粋なクイズ番組だったのですが、
出題される問題はどれも頭の体操に掲載されている問題ばかり。
頭の体操ファンとしては微妙な心境でした。

久しぶりに読んだことのない頭の体操を買ってみたくなりました。
そしてこのゲームも買ってみようかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック