「インドネシア旅行記」その5

帰国後見た映画は3本。
石塚です。

旅行記その5はクタビーチおよびシンガポール編。
今回で最終回ですヽ(´ー`)ノ
一通り書いてしまわないと通常の日記が書けない気分なので(笑)

たくさんの写真と解説はウェブリアルバム
インドネシア旅行その5 -最終日編-
をご覧ください。

■2006/03/16

●クタビーチ
 ホテルからすぐのところにあるクタビーチ。
 毎日朝から夜まで遊び歩いていたので、
 こんな近くのビーチに今まで行けなかったんですよね。
 ということで最終日の帰国直前に散歩に行きました。

 サーファーでにぎわうビーチなだけあって、
 人は少なかったけどいる人はみんなサーファーって感じ。
 
 サーファーかっこいいですね~。
 僕もやってみてもいいかもなんて思いながら見てました。
 
 犬発見。
 
 人懐っこくてかわいいしぐさで海で遊ぶ犬たち。
 犬好きの僕としてはやばい状況です。
 知らない人の犬なのにずっと犬とじゃれてました。
 
 めっちゃかわいい犬。
 朝からすごす楽しいビーチタイムでしたヽ(´ー`)ノ

●シンガポール:マリーナエリア
 いよいよインドネシアを出国しました。
 シンガポールまで飛行機で2時間30分ぐらいかな。
 3:30ぐらいに着いたのですが東京行きの飛行機は23:40。
 まあ観光時間は6時間ぐらいと言うところでしょうか。

 とりあえずマーライオン像目指して出発です。
 
 マーライオン像もいいのですが、
 その周辺のマリーナ湾とエスプラネード橋、
 そして対岸の景色なども含めて非常に美しい場所でした。
 この付近でお酒でも飲みながら時間までゆったり過ごしても良かったかも。
 
●セントーサ島
 とりあえずガイド本を見ながらセントーサ島と言うところに行きました。
 島全体がテーマパークみたいになってる島。

 僕がこの島に行く原因となったのは、
 「セントーサ・リュージュ」と言う乗り物。
 丘の上から650mのコースを一気に駆け下りる乗り物らしく、
 名前からしてもすごくスピードが出そうだし面白そうだったんですよね。
 乗り物も超すきなんですよヾ(・・;)

 でもこの乗り物が終了する時間が18時。
 マーライオンを見てたらかなり時間がぎりぎり。
 島に入ったのが17:50だったのですが、
 島は意外にも広く、乗り場に18時間に合わず(ToT)
 せっかく島に渡ったのに・・・。

 ということで気を取り直して他の観光で遊ぶ事に。
 展望台とか4Dマジックシアターと言うのを見て楽しんだ後、
 ミュージカル・ファウンテンという光と音楽の噴水ショーを見ました。
 
 ちょっとわかりにくいけど噴水に浮かんだ人の顔。
 ほとんど写真は撮れませんでしたがきれいでした。

 
 そして最後がこのマーライオンビーム。
 セントーサ島にもマーライオン像があって、
 こちらは夜には目からビームが出るんです。
 変なのヽ(´ー`)ノ

ということでここからは空港にまっしぐら。
もっと遊びたいなあと思いつつも日本に戻ってきました。

踊りに酔いしれた1日目。
世界遺産に感動した2日目。
ビーチを満喫して夜市にも行けた3日目。
そして犬と遊べてシンガポールも観光できた4日目。
非常に楽しい旅でした。

また今すぐにでも日本を脱出したい気分ですが
また機会があれば行きたいと思います。

アメリカに留学する友達に遊びに行く約束しちゃってるのと、
オーストラリアでワーホリしてる友達が帰ってくる前に遊びに行こうかな。
でもアンコールワットも行きたいなあ。
あっ手軽に韓国にも行きたいかも(笑)

ウェブリマップ追記(07/03/04)
シンガポールのセントーサ島はこちら。




[旅行記その1][旅行記その2][旅行記その3][旅行記その4][旅行記その5]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
かわいい

この記事へのコメント

ミユキ
2006年03月23日 05:30
『インドネシア旅行記』楽しく観させて頂きました。羨ましい限りで今日までコメント出来なかったのですが・・・
「帰国後見た映画は3本」との事。
コメントできるかなーと探す事しばし・・・(?0?)
To be continued ですね。楽しみにしています。

どーもm(__)m どーもm(__)mのミユキです。
2006年03月23日 10:13
楽しく見ていただいてありがとうございます。
そういうコメントいただけると書いた甲斐がありました。

映画の感想は今から書きます!
最初の映画は「SPIRIT」です。

この記事へのトラックバック