BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スペイン&ポルトガル旅行記」その3 バルセロナ観光2日目

<<   作成日時 : 2010/10/10 23:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

一番日数の少なかったバルセロナで既にその3。
石塚です。

バルセロナ2日目。
午後15時30分の電車に乗ってマドリードへ移動するため、
観光した場所は限られていたのですがそれでも目一杯遊びました。

■2010/09/28

●再びサンツ駅へ
 この日はホテルをチェックアウトした後朝から再びサンツ駅へ。
 初日は窓口に並ぶ人が多すぎて電車の時刻をずらせるかどうか
 聞くことも出来なかったので、8時頃に駅にきて当日受付窓口へ。

 荷物をロッカーに預けた後当日券の窓口で相談してみたところ、
 「そのチケットは変更できないよ」とあっさり。
 がびーん(;´д`)

 やっぱりねと思いつつその日の観光がスタートしました。
 
●カンプ・ノウ
 2日目にやりたいのは、FCバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウ
 の内部見学ツアーへの参加と、ピカソ美術館とミロ美術館の見学。

 すべて開始時刻が10時からなんですよね。
 10時まで待って3つ回っても時間が足りないことがわかっているので、
 10時までの間にカンプ・ノウに向かって外観だけ見て雰囲気を味わうことに。

 
 これがカンプ・ノウです!
 中を見たかったのですが残念ながら外観だけ。
 朝早いのでほとんど人はいなかったです。

 
 10月頭に試合があるっぽいですね。

 中に入れなくて残念なまま、とりあえずカンプノウに
 来たよって雰囲気だけ味わいつつ一路ピカソ美術館へ。

●ピカソ美術館
 
 ピカソ美術館の付近は小道が多いのですが、
 結構絵になる景色で写真スポットが多い感じ。

 
 ちょうど開場となる10時ごろに着いたのですが、
 前日が休館日だったことも関係あるのか行列が出てきました。
 しまった出遅れた!

 
 ピカソ美術館は結構味のある建物で居心地いい場所。
 中は結構いい絵が多くて楽しめました。

 特に良かったのは、ベラスケスの「ラス・メニーナス(女官たち)」と
 言う有名な作品をもとにした派生作品を、ピカソの視点で描き直した作品。
 何枚も何枚もパロディにしたような絵があるのですが、あの想像力には圧巻。
 ただただ見入ってしまいました。
 
 その「ラス・メニーナス」を切り取ってどのようなピカソ作品が生まれたかを
 モーフィングのように分かりやすく見せている動画が再生されていたのですが
 これがまた最高!
 このDVD欲しかったんだけど見当たらなかったけどどこかに売ってたのかなあ、、

 とにかく大満足でピカソ美術館を後にしました。
 やっぱり見てよかった。

●ランブラス通りへ
 前日も来たミロ美術館ですが、
 別の道を通ってウィンドウショッピングしながらランブラス通りへ。

 
 こんな変な猫が窓の外を見てました。

 
 キャンドルもトカゲ君。
 タイルのモザイクも再現されています。

 
 ヒーハー!ヽ(´ー`)ノ
 マネキンも国によって雰囲気が違いますね。

 
 そして再びランブラス通りへ。
 2回訪れてみてもやはり居心地のいい場所。
 今回はここで昼食をいただくことに。

 
 今回も簡単にこういうフランスパンのサンドイッチのセット。
 おいしかったです。

●ミロ美術館
 さてランブラス通りを後にして再びモンジュイックの丘へ。
 まっすぐミロ美術館に向かいます。

 エスパーニャ駅で降りて正面から入っていくことも出来ますが、
 パラレル駅からケーブルカーに乗り換えると直接ミロ美術館の
 近くまで登ることが出来ます。
 同じ切符でそのまま行けるのでミロ美術館に行くにはこの経路が楽。

 
 こちらミロ美術館の入り口。

 
 入り口右手には「人物」と言う名前の銅像が。
 まるでウォーリーみたいです。

 さて中に入ったのですが、
 基本的にミロの作品は不思議ワールド。
 タダの点だったり、岡本太郎のような像だったり。
 でもそういう系の芸術が好きな僕としてはたまらなく魅力的でした!
 ミロ最高♪

 
 屋外にはこういう作品も。
 こちらは撮影して良さそうだったのでパチリ。

 
 マネキンの下半身を使った作品。
 他には傘を貼り付けたような作品も多数ありました。
 基本的に僕は、既製品を貼り付けたりする
 コラージュのような作品は好みじゃないんですけどね。
 
 やっぱり一番気に入ったのはメインの大きなぞうですね。
 青と赤と黄色を組み合わせたやつ。
 万博記念公園の太陽の塔から感じるようなパワーを感じました。

 お土産に「アジュールの金」と言う作品の額入りの絵と
 作品集買っちゃいました。
 説明がないと分からない絵が多いので(笑)

●さらばモンジュイックの丘
 
 ミロ美術館も終わったのでこの日の予定は終了。
 モンジュイックの丘の入り口にあるカタルーニャ美術館の前を通って帰りました。

 
 カタルーニャ美術館の前は適度なスペースがあり、
 人々の憩いの場になっている様子でした。

 
 ここから眺める下界の景色もなかなかいいんですよね。

 
 店もあったのでビールを頼んでちょっと一息。
 基本外国に来たら昼も夜もビール飲んじゃいますね。

●バルセロナからマドリードへ
 1日目に見るはずだったピカソ美術館とミロ美術館を
 2日目に見ることになったので、2日目の予定に余裕がなくなりました。
 時間が余ればカンプ・ノウに入れなかった分海を見に行こうかと思ったけど、
 その時間もなくなっていよいよ駅に。
 
 サンツ駅の様子はこんな感じ。

 
 乗った電車はこちら。

 
 15:30のマドリード行きの電車です。
 マドリードの到着時刻は18:08。
 約2時間半と適度な乗車時間です。

 
 社内の様子はこんな感じ。
 入り口近くにスーツケース置き場があったので置きました。
 でも心配なので、日本から持参したチェーンロックで固定。
 これで安心です。
 無料でイヤホンが配布されました。

 
 社内からの景色はこんな感じ。

 
 途中雲がメッチャ綺麗でした。
 まるで母を訪ねて三千里の世界ヽ(´ー`)ノ
 マドリードはどんなところかと言う想像を膨らませながら電車は進みます。

と言う事でバルセロナ編は終了です。
旅行記その4はマドリードに到着した日の夜から始まります。

ピカソ美術館の場所はこちら。



[旅行記その1] [旅行記その2] [旅行記その3] [旅行記その4]
[旅行記その5] [旅行記その6] [旅行記その7] [旅行記その8]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
FCバルセロナの本拠地の中も見学できれば良かったのにですね。ピカソ美術館付近の小道は幅狭いですね−ピカソは生涯に多くの作品を残しているそうですが、日本だと抽象画を見ました。美術館近くなのでウィンドウショッピングは楽しそうです。ねこ達は模様が華やかなので、不思議に引き付けられます。マネキンもスペイン風ですね。昼食のフランスパンは美味しそう。ミロ美術館の入口の雰囲気はふんわ−りとした感じがします。中の作品はイメージがかわいいです。カタル−ニャ美術館からの景色も良い眺めです。
むっく
2010/10/31 15:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「スペイン&ポルトガル旅行記」その3 バルセロナ観光2日目 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる