BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ニンジャ・アサシン」鑑賞

<<   作成日時 : 2010/03/23 23:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

平主任アサシン。
石塚です。

ニンジャ・アサシン」と言う映画を見てきました。
「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟と
ジョエル・シルバーが放つサスペンス・アクションです。

アクションありきの映画という雰囲気なので、
そこそこのストーリーにかっこいいアクションが
見られればいいかなあと言う感じで鑑賞。

映画が始まってすぐまずは最初のつかみ。
忍者が華麗なる動きで出演者全員をあっという間に殺害。
結構ホラー映画並みのえぐい殺し方。
そんなに悪くなさそうな店のマスターまで殺害しちゃうなんて。。

主人公となる忍者雷蔵は、
最強の忍者に育ててくれた秘密組織“小角(おづぬ)”に
友人を殺され組織を脱走、追われつつも復讐を誓ったと言う設定。

そして欧州警察組織ユーロポールの科学捜査官ミカは、
捜査の流れから闇の忍者組織の存在をかぎつけ“小角(おづぬ)”
に命を狙われ始める。

主人公は“小角(おづぬ)”に狙われるミカを守るべく
“小角(おづぬ)”と戦うと言う展開です。

ストーリーはそこそこでアクションを
楽しめればいいと思っていたのですが、
どうもストーリーの流れが不自然で気になりました。

一人で行動しているはずの雷蔵に
誰かからミカのことについて連絡が来たのですが、
それが誰から連絡が来たのかわからなかったのと、
ミカを守り始めてそれが最後まで続いて終わるのですが、
どう考えてもこのコンビはちょっと唐突すぎる感じでした。

あとミカを取り巻く警察の人々がいったいどういう考えで行動し、
雷蔵を捕らえたりするのか意味が分からなかったです。

ただ映像の雰囲気と主役のRainの格好良さは抜群で、
特にRainの体と武器を振り回す技はすごかったです。
“小角(おづぬ)”のリーダーショー・コスギもいい味出してました。

ストーリーがもう少しまともなら良かったんだけどなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「ニンジャ・アサシン」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる