BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トルコ旅行記」その3 −カッパドキア−

<<   作成日時 : 2009/12/12 23:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

平主任ドキア。
石塚です。

今回の旅の目玉の一つ、
世界遺産のカッパドキアを満喫した4日目のスタートです。

■2009/12/02

●ホテルの朝
 洞窟ホテルのベランダから見える景色があまりに綺麗なので、
 太陽が昇り始める頃からベランダに出て景色を眺めてました。

 
 太陽が昇り始めた後の景色。
 澄んだ空気を伴って神秘的な朝に感じました。

 
 最初はなかったのですが、
 次第に気球が飛び始めるのが見えました。
 この気球に乗りたかったんですけど今回のツアーはそれはなしです。

 
 気球の上から見える景色もすごいんでしょうねえ。
 
●カイマクル地下都市
 まずバスで向かったのは、
 キノコ岩やラクダ岩ではなくて地下都市。

 
 カッパドキアには地下都市が数々あるらしいのですが、
 このカイマクル地下都市はなんと地下8階まであり、
 4000人から5000人が一度に住める設備があったとか。

 
 中はこんな感じです。
 人が腰をかがめてぎりぎり通れるような通路や、
 台所や食料子など用途の違う部屋や敵が来た場合に
 攻撃しやすい通路横にある穴、非常に深い井戸など
 興味深いものがいろいろありました。

 
 今は観光用に電気がついてますがなかったらかなり不便だろうなあ。
 当然窓はなくて外も見えませんがずっと地下で暮らすのって
 息が詰まりそうですね。

 
 トルコではいたるところに猫や犬がうろうろしていて、
 しかもすごく人懐っこいんですよねー(^-^)
 地下都市の入り口にも何匹か猫がいてかわいがってきましたヽ(´ー`)ノ

●絨毯工場
 さて、地下都市も見終わったのでいよいよ奇岩群を(-_☆)
 。。。の前に先に絨毯工場を訪問しました。
 まあツアーではこういうのはおなじみですが、
 この絨毯工場そのものが非常に楽しくて見ごたえありました。

 
 こんな感じで技術を学んだ女性とかが絨毯を織るみたいです。
 ペルシャ絨毯と違って2重織りであることを力説されます(笑)
 
 
 織るテクニックを見せてもらいましたが、
 その速さと正確さは半端ねー( ̄□ ̄;)!!
 でも一枚織るのに相当時間かかかりそう。

 
 社長が一枚ずつ絨毯を広げながらのプレゼン。
 話がうまいのでついつい絨毯欲しいなあと思わせます。 
 実際品質は最高のものだし、欲しかった人は買えばお得。

 僕も小さいのをお土産に買いましたがデザインも手触りもすばらしいです。
 うまく交渉すればかなり値引きしてくれそうです。

●ウチヒサール
 
 いよいよ奇岩群の見学へ!
 最初にやってきたのはカッパドキア地方で最も高いところに位置する村。
 穴だらけの岩がたくさんありましたが多分今は人は住んでないはずです。
 ここにはラクダもいて乗せてくれるサービスもやってました。
 見所の場所の前には出店もいっぱいあるみたいですね。

●トルコアイス
 
 ウチヒサールの後にやってきたのは
 高台から見渡す限りの奇岩群のパノラマが広がる場所でした。
 本当にすごい迫力で美しい景色の数々。
 場所の名前は分からないのですがガイド本に
 展望台と書いてある場所っぽいです(;´д`)

 
 この場所ではガイドさんお勧めのトルコアイスが売っていたので食べました。
 激ウマ( ̄□ ̄;)!!
 味がおいしいだけでなく適度な粘り気のある硬さが口当たり良く癖になる味。
 トルコ来たらコレは絶対に食べるべきですね。

 日本でのびーるアイスとして売られているものは、
 トルコで売っているトルコアイスとは根本的に材料とか違うものらしいです。

●キノコ岩(ゼルベ)
 ここがいわゆるキノコ岩のあるパシャバーのゼルベという場所。

 
 先ほどの場所は高台から見下ろす感じの風景を楽しむ場所でしたが、
 ここは広いスペースをゆっくり歩き回りながら目の前にそびえ立つ
 キノコ岩を楽しめる場所でした。

 
 こんな感じにいくつもの岩が地上から生えている感じ。
 芸術を感じます。

 
 ここにもラクダがいました。

 
 近くから見るとすごい迫力。
 一部のキノコ岩には梯子がかかっていて中に入れます。
 中はそんなにたいしたつくりではないのですが、
 本当に人が住んでいたりしたかと思うと、
 地下都市と同じく不思議な気持ちになります。

●ラクダ岩(テヴレント)
 次にバスで連れて行ってもらったのは
 ラクダ岩と呼ばれる場v所。

 
 確かにラクダの形してるー!
 こんな感じにちょっと何かの形をしていると
 そこが観光名所になったりするんですよね。

●スリーシスターズ(エセンテペ)
 
 スリーシスターズと呼ばれる岩。
 この岩だけでなくパノラマ景色も最高の場所でした。 

●壮大な景色
 
 ふと連れて行かれた場所なのですが、
 ここは邪魔なお土産屋がなくとにかく自然と一体化できる場所。
 すごく開放的な気分になりました。
 大声を張り上げたい気分ですがツアーの仲間がいるのでおとなしくしてました。

 写真を撮った場所をGPSの地図で確認したところ、
 もしかしたらここがローズバレーと呼ばれる場所だったのかも。

 
 こんな感じの景色ですが、
 このぐらいの大きさの写真じゃちょっと伝わらないかなあ。
 ほんとにほんとに素敵な場所でした。

●ギョレメ野外博物館
 
 そして最後にやってきたのがギョレメ野外博物館。
 キリスト教徒たちが岩を掘って住み、教会なども多数設置した場所。
 野外博物館として公開されています。

 
 こんな形の岩がたくさんありますが中は教会だったりします。

 
 こちら一番高いところから見下ろした野外博物館全景。
 
 
 教会の中にはキリスト教にまつわる大切な絵がたくさんあり、
 こんな感じで非常にカラフルで保存状態の良い絵もありました。
 一つ一つ説明を聞きましたが非常に有意義でした。
 それにしてもガイドさんがアンカラの博物館でも
 ここでもしっかり説明してくれて知識の深さに感心です。

 4日目は一日中カッパドキアを満喫しました。
 天気予報では雨が降るかもしれなかったのですが、
 天気も晴れて大満足ヽ(´ー`)ノ

 この日はここから200km移動してコンヤという場所で宿泊しました。
 毎日すごい距離を移動してました。

キノコ岩のあったゼルベの場所はこちら。



[旅行記その1] [旅行記その2] [旅行記その3] [旅行記その4]
[旅行記その5] [旅行記その6] [旅行記その7] [旅行記その8]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「トルコ旅行記」その3 −カッパドキア− BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる