BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「価格.com 賢者の買い物 〜カカクコムの起承発展〜」を読んだ

<<   作成日時 : 2009/06/06 22:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

平主任比較サイトを作りましょうか。
石塚です。

「価格.com 賢者の買い物 〜カカクコムの起承発展〜」
という本を読みました。


成功している企業の歴史的な話を読むのが大好きで
今までにもgoogleやらAmazonをはじめ色々本を読んできましたが、
今回読んだのは価格.comの本です。

価格.comも個人的に非常に便利に利用しており
そのサイトの内容にはすごく魅力をかんじており、
内情が知りたいとずっと思ってたんですよね。

読んでみて驚いたのは、
僕のひとつ年上である初代社長の槇野さんが
自分のやりたいサービスを形にしたサービスで、
何から何まで一人でコツコツ作業し、
少しずつ築き上げて運営していたサービスだったこと。

いつかお金になるはずと思って、一年以上無収入で
自分時間と労力を使って集めた価格情報を
コツコツと更新していたみたいです。

確かにそういう匂いのするサービスな気がします。
僕も同じ頃よく似たことをやっていたので非常に共感がもてましたヽ(´ー`)ノ

そしてこのサイトにいち早く目を付けたのがPCボンバーという会社。
PCボンバーというパートナーを得て成長の道をたどることになります。

僕は以前価格.comのサイトを通じてPCボンバーという会社の存在を知り、
何度もPCボンバーを利用したことあるだけに、まさか価格.comの成長
のきっかけとなったのがこの会社だったと知ってびっくりでした。

そしてこのサイトが、秋葉原の現金問屋の死活問題につながるほど
影響力を持ち始め、ぐんぐん成長していく様は痛快でした( ̄ー ̄)

初代社長の時代に、資金10億円を持った「ディールタイム.com」
というサービスが日本展開を始め、そこは手作業ではなく
ロボット検索で多くの商品の価格を比較できることが売りでした。
さすがに社長の槇野さんもこれには恐怖を覚えたそうなのですが、
海外からやってきたこの企業はほとんどを広告費につぎ込みながらも失敗。

広告宣伝費を一切使わない価格.comは、
資本金300万円ながらも10億円の黒船に打ち勝ったそうです。
そして価格.comが出資をお願いしても出資してくれなかった企業が、
ディールタイム.comに出資して大損したそうです。

まあディールタイム.comが日本の空気を読めなかったのかもしれませんが、
価格.comは一切宣伝をしていなかったことも考えると、やはりサービスの
中身こそが大切で、いかにユーザの心を捉えることが大切なのかなあ
という気がしますね。
サービスの中身が伴っていれば宣伝広告ももちろん効果的だと思いますけどね。

伝説の初代ワンマン社長はとにかく自分の考えを実現していく社長。
自分の考えを実現するために人手を雇ってそれを手伝ってもらうという感じ。

社長の言葉として、
「会社が会議で物事を決めるようになると数字で説明できないことがやりにくくなる。
 誰も経験したことのない道の世界では売れづけをとるのは不可能。
 パイオニアであり続けるなら新しい世界に出て行かなきゃいけないし、
 そういう分野には実績なんてものはない」
と言うようなこと載っており、彼は会社がこれからますます大きくなる
発展途上のときにあっさり引退するんですよね。
もともと人の上にたって会社を経営することに抵抗があったようです。

最初からこれぐらいのお金を稼いだら引退して悠々すごすことが
目標だったらしく、上記の様な考え方も手伝ってあっさり引退。
潔かったですがちょっとびっくりしました。
まあ一生遊んで暮らせるだけのお金を手にしたところで
あっさり引退って言うのも悪くないかもしれませんね。

その後2代目社長に代わり、
比較するサービスを増やしたり出店料を取るようになったり
他の企業を買収したりとどんどん成長していく価格.com。
2代目社長はとにかく会社を経営するプロって感じの人。

といっても、すべての成長・成功の元となっているのは、
何もかもユーザ本位のユーザのためのサービスである姿勢を貫いていることと、
社員が自分たちの仕事に社会的意義を感じて楽しそうに働く姿だと感じました。
そういうのいいなー。

そういう仕事が出来るように今後頑張って行きたい!ヽ(´ー`)ノ
と思いつつとりあえずそのことをブログに書いておく平主任でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「価格.com 賢者の買い物 〜カカクコムの起承発展〜」を読んだ BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる