BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ホームレス中学生」鑑賞

<<   作成日時 : 2008/10/08 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ホームレス平主任。
石塚です。

試写会にて「ホームレス中学生」を見てきました。
ご存知お笑いコンビ麒麟田村の実体験を基にした著書の映画化です。
10/25公開です。

僕は本は読んではいないのですが、
各種メディアからいろいろ情報は流れてくるので、
見る前から大体の内容はわかってるつもりでした。

なので映画は大体そのとおり進んだかなっていう感じ。
でもそこそこ面白い映画でした。

冒頭のホームレスになるまでの部分は、
大阪弁を話す役者達の自然な演技も手伝って
非常に面白い掛け合いでつかみはOK。
いや、ほんとは笑っちゃ駄目なところなのかもしれませんけどねヾ(・・;)

小池徹平、池脇千鶴、キングコングの西野が
それぞれ中学生、高校生、大学生を演じますが、
なかなか年代通りに見えて自然な役者ぶり。
3人の中では小池君が一番不自然なぐらいかも。

その後のホームレス生活はいろいろなエピソードがありましたが、
ちょっと不自然な演出もあって最初のつかみほどの没頭感はなし。
でもだんだん汚れていき、だんだんどうしようもない感じになって
いくのはちゃんと伝わってきます。

お金もなくて食べるものもなくて公園で一人ですからね。
しかも雨まで降ってくるとどうしようもない(;´д`)
相当毎日が不安で大変で今日食べるものはどうしようの連続でしょう。
どんな気分だったのかいろいろ想像できますが、
本当に当人の気持ちになりきるのは難しいかも。

もう少し兄とか頼ってもよさそうなのですが、
中学生ながらに兄に気を使うあたりが意外な感じに見えました。

そして後半の展開はちょっと泣けるところも増えてきます。
人の温かさにどんどん触れる部分ですからね。

田中裕子と宇崎竜童演じる友達のご両親は良すぎ。
そしてその後の展開も周りの方々の暖かさがにくい。
実際にちょい涙が(T-T)

久しぶりにお風呂に入るところと家庭の味にありつくところは必見。
ご飯を食べるところはやけに食べ物がおいしく見えます。
周りの話が聞こえてない感じで、雑音が一切聞こえなくなって
食べ物がとても神聖でそれしか見えてないような感じ。
みんな今日同じものが食べたいって気持ちになるでしょう(笑)

最近のめちゃくちゃはまった映画に並ぶほど絶賛ではないですが、
全体的には見やすくて感動する場面もありなかなか面白かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「ホームレス中学生」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる