BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「その土曜日、7時58分」鑑賞

<<   作成日時 : 2008/10/14 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

その平主任、BIGLOBE。
石塚です。

その土曜日、7時58分」という映画を見てきました。
東京では恵比寿ガーデンシネマで公開している
ミニシアター系です。

映画はある土曜日の7時58分に起こった
郊外の宝石店での強盗事件から始まります。

この事件で店員の女性と犯人は死亡。
こんな結末になるはずではなかったこの事件が
負のスパイラルの始まりだった。。。

実はこの事件の首謀者は宝石店を経営する両親の息子二人。
自分の家の店からお金と宝石を盗み、
本人たちはそれで儲け、家は保険で何とかなるという計算。
それが誤算に終わるんですよね〜(;´д`)

事件は冒頭から起こるのですが、
少しさかのぼって登場人物毎に事件を起こすにいたるまでの
行動や動機が描かれ、それぞれに焦点が当たっていきます。
そして話は事件のその後のごたごたへ。

兄弟を演じるフィリップシーモアホフマンとイーサンホークの
キャラクター設定がそれぞれはっきりしていて個性があります。
そして時間をかけて生活が描かれてるわけでもないのですが、
なんだかリアルな生活感が感じられるという気がしました。

映画を見ていて感じるのは、
たとえ犯罪でも結構気軽に話に乗るなあってところ。
これこれこうだから大丈夫とかうまく説明すれば
誰でも話に乗りそう。
友達も犯罪の話に簡単に参加してくるし。

簡単に犯罪に走るわ、安易に銃を携帯するわ、
弱みを握ったらすぐにそれを利用とするわ、
うまくいかなくなったらすぐに銃をぶっ放すわもう大変。

こういうのをアメリカらしい映画って思っていいのでしょうか。

結局どんなに困っても悪いことは考えるなってことですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
その土曜日、7時58分
2007 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:切ない、ドキドキ・ハラハラ 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイ、アルバート・フィニー ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/07/15 10:32
No.195 その土曜日、7時58分
人生のどん底・・・ かすかな光明にすがり、きっと元の状態に戻ると 期待するも悪化して最悪の事態を招いてしまう。 ...続きを見る
気ままな映画生活
2009/10/09 14:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「その土曜日、7時58分」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる