BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アキレスと亀」鑑賞

<<   作成日時 : 2008/09/22 02:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

秋です。
石塚です。

北野武監督最新作「アキレスと亀」を見てきました。
昔の作品は見てないものもあるのですが、
最近の武映画は大体見てます。


壁紙はこちら

この映画、主人公が幼いころから物語は始まり、
青年、中年になるまでの人生がじっくり描かれています。

子供のころは才能を開花させそうな雰囲気があるのですが、
青年になってみると微妙な感じで、中年になってみるとあれ?
みたいな感じに見えました(笑)

主人公がとにかく不器用な感じで感情を表に出さないんですよね。
武らしいキャラクター設定ですが、彼自身を投影しているのでしょうか。

主人公が何を考えているかよくわからないのですが、
何も言わずに絵だけは黙々と描くのでどうやら絵は相当好きらしい。
結構いい絵を描くなあと思って見てましたが
どうにも世間に認められないのが悲しいんですよね。

もっと認められるよう売り込んだりアピールしたらいいのにと
見ていてもどかしいのですが、やはりそこっも不器用な性格のため
いつまでたってもうだつが上がりません。

彼の才能と言うよりは性格の問題なのかも。

実はこの映画で重要なのはそんな主人公の奥さん。
人との意思疎通ができなさそうな主人公がなんと結婚します。
そんな彼女の献身的な接し方が素晴らしいんですよね。

彼のどうなるかわからない創作活動にとことん付き合い、
あんなことやこんなことにも付き合います。

主人公の人生をかけた創作活動の終焉は映画を見てほしいのですが、
彼に最後どういった感情が芽生えていたのか気になります。

トラックバックいただきました。
Kimagure Diary

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 アキレスと亀
先日、巨匠 北野武監督の最新作映画『アキレスと亀』を観に行ってきました。内容を理解するのが難しい映画でしたが、映像のアングルとかとても綺麗に感じたし、巨匠の描いた絵を沢山観ることができただけでも嬉しかったです。この映画は結局のところ、ギリシャ神話の『アキレスと亀』を芸術に例えて表現した映画だったのでしょうか? ...続きを見る
Kimagure Diary
2008/09/29 19:33
アキレスと亀
北野監督の作品はあまり好きではないのですが、 私が参考にする映画の批評サイトで関心を持ったのと、 まー、観ないと何も言えないので とりあえず見ておくかという感じです。f(^^;) ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2009/04/03 04:24
『アキレスと亀』
アキレスと亀 ...続きを見る
『映画な日々』 cinema-days
2009/07/14 23:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「アキレスと亀」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる