BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今日も僕は殺される」鑑賞

<<   作成日時 : 2008/09/07 02:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も僕は平主任。
石塚です。

少しマイナーな映画なのですが、
今日も僕は殺される」と言う映画を見てきました。

僕は知らなかったのですが、
今年6月に亡くなられたSFXの第一人者であるスタン・ウィンストンさんが
最後にプロデューサーされたサスペンス・ホラーです。


そのスタン・ウィンストンさんを追悼して、
『呪怨』『輪廻』などを作られた清水崇監督(右)と
ジャンクハンター吉田さん(シネマゲーム研究家)(左)の
トークショーがありました。

非常にマニアックなトークだったので
全くついていけませんでしたがなかなか面白い話でした。
ジュラシックパークとかターミネーターとかの有名な映画を始め、
マニアックな映画までたくさんの作品を手掛けておられるみたいですね。

最後に清水監督の近況についても話があったのですが、
あの大ヒットマンガ寄生獣のハリウッド映画化の話をしてくださいました。

アメリカでは日本ほど原作マンガがヒットしていないらしいので、
ビジネスライクにしか考えられないアメリカの関係者を説得するのに
具体的なイメージを作って話を進めているらしい。
まだ撮影と言う段階ではなさそうなのでもう少し公開は先でしょうか。

映画のストーリーは、何者かに突然殺されてしまう主人公。
しかし死んだ瞬間別のシチュエーションで生き返る不思議。
いったい自分に何が起こっているのか?
そして今日もまた殺され、別のシチュエーションへとつながっていく、、、

前半は不思議な設定にいったい何が起こっているのか、
この先どうなるんだろうとわくわくして見ていたのですが、
次第に謎の集団も姿を現し話は核心に。

最初から恋人として出てきたジェニーが
別のシチュエーションでもやっぱり身近に出てきて、
彼女が何かキーなのかなっていう雰囲気。

しかしどうも意味がわかるようでわからないような感じ、
そして意味がわかったとしても煮え切らないような感じ、
雰囲気はいいのにもう一歩な感じでした。

もう少し納得できて意外でぐっと来る展開だったらおもしろかったのになあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「今日も僕は殺される」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる