BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハプニング」鑑賞

<<   作成日時 : 2008/07/29 02:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハプニングメーカー。
石塚です。

予告編で人がばたばた倒れる映画「ハプニング」。
M・ナイト・シャマランの映画再びということで見に行ってきました。

前評判ではいまいちだったみたいですが僕はかなり楽しめました。

何も知らずに映画を見たほうが楽しめるかもしれませんが、
突然人がおかしな行動をとりだして自殺をする異常現象が発生。
いったい何が?という映画です。

「私たちは正体がわかっているものには恐怖を感じ
 正体のわからないものには不安を感じる」
というキャッチコピーの通りの作品だと思いました。

発生する現象があまりにも異常すぎかつその原因が全く不明。
そしてごくごく身近で次々に発生。次は自分?妻?

全編不安に満ちていて、僕もその不安に巻き込まれました。
死の描写が異常だったこともあり、結構怖い映画でした。

この映画を見ていて思ったのは、
「クローバーフィールド」「ミスト」と同種の映画だなということ。

「クローバーフィールド」は手持ちカメラの撮影ということが特徴的でしたが、
何が起こったのかわからない状況下でもがく人々を描いていましたし、
「ミスト」も霧の中にいる何かに脅え、追い込まれる人々の様子を描いてました。

この「ハプニング」の結末がどうなるのかは自分で映画を見てほしいのですが、
エンディングも含めてありな映画だと思いました。
彼の監督作品の中ではシックスセンスの次に好きかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「ハプニング」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる