BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トンマッコルへようこそ」鑑賞

<<   作成日時 : 2006/10/30 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

BIGLOBEにもようこそ。
石塚です。

今日は以前からちょっと気になっていた映画
トンマッコルへようこそ」を見てきました。

舞台は1950年代の朝鮮戦争真っ最中の時代でのとある村「トンマッコル」。
トンマッコルとは「子供のように純粋な村」と言う意味だとか。

戦争のことなど何も知らないトンマッコルに、
ある日突然3組のお客がやってきます。
連合軍のアメリカ人兵士、韓国軍、そして人民軍の3組。

お互い戦争の敵同士という関係で一触即発な関係でありながら、
この村での生活を通して次第に友情を育み、人間らしい心を取り戻していく兵士たち。
この設定だけでも興味がかなりわきますよね。

かなり痛い戦争のシーンから始まりましたが、
話が進むにつれどんどん良い感じに盛り上がってきます。
猪のシーンは笑えるしかつ重要なシーンで良く出来てるなあと思いました。
笑いどころも結構たくさんあります。

村での平和な生活シーンを見ていると、
映画の中の兵士たちはもちろんのこと、映画を見ているこっち側も
「何のために戦争してるんだっけ?」と言う原点回帰に近い思いが高まります。
相手を殺す理由なんてないし、そういうのがなんてばかばかしいことか。

村での平和な風景とは対照的に、
アメリカ兵が必死に戦争しようとしているシーンが出てきますが、
あまりのギャップに呆れるとともに苛立ちを覚えましたね。

現実世界でも実際に戦争をしている人間と一般の人々とは
これぐらい意識にギャップがあるんでしょうね。

最後の展開もなるほどと言う展開で納得です。

僕はこの映画に涙は流しませんでしたが、
いろんな良い要素が詰まった非常に良く出来た映画だったと思います。

これはお勧めですヽ(´ー`)ノ

トラックバックいただきました。
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
「トンさんの1日1善できるかな?」ブログ
soramove
よしなしごと
サーカスな日々
映画を10倍好きになる!
Kio -朔北- De nuevo

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「トンマッコルへようこそ」
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/11/02 02:18
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL)
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/11/06 20:54
11月19日にイベント行います!!
&lt;MARQUEE&gt;&lt;font color=&quot;pink&quot; size=&quot;+1&quot;&gt;&lt;b&gt;ぴん♪ ぽん♪ ぱん♪ ぽ〜ん♪♪&lt;/b&gt;&lt;/font&gt;&lt;/MARQUEE&gt; ...続きを見る
「トンさんの1日1善できるかな?」ブログ
2006/11/10 16:44
「トンマッコルへようこそ」久々の韓国映画の傑作登場
昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開 リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。 ...続きを見る
soramove
2006/11/12 21:32
「トンマッコルへようこそ」見てきました。
 この映画の名前を見ると「マッコリ」を思い出すなぁ〜。なんて考えていたら、チケットを買う時に「トンマッコリへようこそ1枚」なんて言ってしまい恥ずかしい思いをしました。と言うわけで、トンマッコルへようこそを見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/11/16 23:10
2006年映画年間ベスト10
年末は昼夜逆転。 石塚です。 ...続きを見る
BIGLOBE平社員ブログ
2006/12/31 16:34
mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆
カテゴリ : SF/ファンタジー ...続きを見る
サーカスな日々
2007/03/10 16:14
「トンマッコルへようこそ」レビュー
朝鮮戦争を部隊とした映画  「トンマッコルへようこそ」 を見ました。 パッケージの写真などから見る前は  「戦争ものにしては珍しく   のほほーん、とした映画なんだろうなぁ」 と漠然と思っていました。 でも実際の作品は、その印象とは随分違っていました。 ...続きを見る
映画を10倍好きになる!
2007/03/20 00:27
トンマッコルへようこそ
久しぶりに韓国映画見ました。 ...続きを見る
Kio -朔北- De nuevo
2007/05/20 11:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「トンマッコルへようこそ」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる