BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本沈没」鑑賞

<<   作成日時 : 2006/07/18 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

平社員も沈没。
石塚です。

話題作「日本沈没」見てきました。


壁紙はこちら。

日本が次第に沈没していっちゃって
最後はどんな風に終わる映画なのか気になっていたのですが、
なるほどそういう映画ですか!

アルマゲドンとかスペースカウボーイとかそういう映画を思い出しました。
草g君と柴咲コウの関係は日本を大きな船にたとえたタイタニックみたい
にも見えましたけどね。

冒頭から「日本は間もなく沈没します」とかって話になりますが、
そんなことなかなか信じられるものではないですよね。

地震の予知とかノストラダムスの大予言とかいろいろありますが、
正確に災害を予測できるって認識自体がないですもん。
それがまして「日本沈没」って話がでかすぎて信じられないです。

将来災害を正確に予知できる技術が発展したとしてもそれだけではだめで、
その予知は本当に確かなもので、間違いなく信頼できるっていう実績を
何度か積み重ねていって人々に広く浸透しないとだめかもなあって
一人脇道それた考えを頭にめぐらせてました。

さて映画の中では実際に北や南で
あんなことやこんなことが起こり始めて大変大変。
CG映像を駆使して日本中が壊れまくり沈没しまくり。
面白いことに奈良の大仏が猿の惑星みたいになっちゃってました(笑)

中盤ぐらいから草g君がおいおいなんでやねんって
突っ込み甲斐のある話を展開させるのですが、
最後はそうならないとわかっていてもその話だけが浮いてる感じがしました。
ここは違う話に置き換えられなかったのかなあ・・・。
僕はこんな話聞かされてたら好きになれませんね。

泣き所とかもあって面白ことは面白いんですが、
全体的に(いや、特に序盤かな)なんだかまとまりがなくて
もっさりした映画に感じちゃいました。

もう少し映画作品としての完成度を期待したかったなあ。

トラックバックいただきました。
kuemama。の≪ウェブリブログのへや≫
映画と秋葉原とネット小遣いと日記
シネマ通知表

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『日本沈没』
2006年/東宝/2時間15分 【オフィシャルサイト】 監督:樋口真嗣  原作:小松左京 出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博 ...続きを見る
kuemama。の≪ウェブリブログのへや...
2006/07/22 19:53
『日本沈没』2006・7・16に観ました
『日本沈没』   公式HPはこちら ●あらすじ 深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺(草なぎ剛)、田所博士(豊川悦司)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するという悪夢の初まりに・・・・ ...続きを見る
映画と秋葉原とネット小遣いと日記
2006/07/28 21:27
日本沈没
2006年製作の日本映画。 73年に公開された小松左京原作『日本沈没』を『ローレライ』の樋口真嗣監督が草なぎ剛、柴咲コウ主演でリメイク。最新のVFXと特撮技術を駆使し“日本沈没”という未曾有の災害と、祖国の危機に直面する人々の姿を描く。 ...続きを見る
シネマ通知表
2007/06/01 11:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは(^.^)PC壊れたりいろいろ忙しくて、
先日、やっと久しぶりの映画鑑賞でした。
確かに、突っ込みどころはいろいろありましたねぇ。
草なぎ・柴咲ペアは話題だけみたいで……。
原作は読んだけれどすっかり忘れているのですが、
最後はだいぶ違うようです。時代も反映していて、
女性大臣でしたしね。大地真央が意外とよかったです。
kuemama。
2006/07/22 19:54
PC壊れるのは大変でしたね。
最後はだいぶ違うんですか!?
僕も大地真央が良かったです!
最後の演説のところではうるっときたほどです。
石塚@BIGLOBE
2006/07/24 01:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

「日本沈没」鑑賞 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる