BIGLOBE平主任ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最初のお勧め映画「きみに読む物語」

<<   作成日時 : 2005/02/14 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

ひとりごとの締め切りが近い。。
石塚です。

今年は既に10本ぐらい映画見ましたが、
これぞお勧め!という作品がありませんでした。
そしてようやく面白いと思えたのがこの映画「きみに読む物語」。

過去の思い出を失ってしまった初老の女性(ジーナローランズ)に、
若い男女の恋愛物語を読み聞かせるデュークと名乗る男性(ジェームズガーナー)。
彼は何度も何度も同じ話を読み聞かせ、彼女の記憶がよみがえる奇跡が訪れるのを信じる。
そしてその読み聞かせる男女ノアとアリーの愛の物語が映像となって観客に映し出される。

まずはなんと言っても僕のツボなのは、単純にノアとアリーの熱く燃える恋愛の様。
少しずつ感情表現して次第に惹かれあう恋愛映画もありですが、
いきなり一目ぼれして突き進む若者ノア、そしてすぐに恋に落ちてしまうアニー。
二人が会うたびにキスを連発する熱々ぶりが最高(^^)/
恋愛映画ってやっぱこれですよこれ。

その若者を演じるライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムスって初めて見た気がしますが、
二人とも自然な演技ですごくかっこいい&かわいい!
まさにこの映画にぴったりの役者さんって感じでした。
ライアン・ゴズリングはジェイクギレンホールに似てるなあって思う。

物語の性質上最後はどうなるかがわかっており、ストーリーも簡単なのですが、
最初から映画にはまっていた僕は、困難のある熱い恋愛に一緒になって
ドキドキはらはらしてみましたヽ(´ー`)ノ

最初は軽いノリのように見えて始まったノアの恋愛ですが、
最後の最後まで一人の女性を愛し続けるのがすばらしい。
そしてそれはデュークが何度も読み聞かせるエピソードに重なっていきます。

「私はどこにでもいる平凡な人生を歩んできた平凡な男。
 でもただ一つだけ誰にも負けなかったことがある。
 私には全身全霊をかけて愛し続けた妻がいる。
 それだけで十分だ」

最初にデュークが語るの言葉は、その背景を見たあとで、
改めてその言葉のすばらしさに気付かされます。
愛の理想の形を見せ付けられたみたいな感じですね。

ラストは少し予想していない事が起こったりしましたが、ある意味良いラスト。
ここで泣く人も多いみたいですが不思議と涙は出ませんでした。
どちらかと言うと若い時代のエピソードの方が僕は泣けました。

とにかく今一番のお勧め映画はこれ。
今年もやっぱり恋愛映画に泣かされる年なるのでしょうか。
連発ですが壁紙ももう一度お勧めしておきます。


シネマスクランブルのレビューはこちら

あと、ウェブリで映画感想書いてる方にトラックバックさせていただきます。

トラックバックいただきました。
青木英美のニライカナイ
金言豆のブログ
booksjp
新・ぴゅあの部屋
--------------
BIGLOBE壁紙
http://kabegami.biglobe.ne.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「きみに読む物語」の試写会へ行ったのそ
 昨日は「きみに読む物語」の試写会へ行ってきました。 ...続きを見る
のそのつぼやき@WebryBlog
2005/02/14 08:00
「きみに読む物語」
人は生きている間に、本当の意味で何人の人を愛することができるのだろう・・・。よく「人の心は移ろいゆくもの・・・」と言われますが、その言葉と全く逆の「永遠の愛情」「永遠の信頼」という意味を、深く深く、心に刻み込まれる作品です。余計なことは全部捨てて、シンプルにこの作品を伝えるとすれば『命の人間ドラマ』だと思う。 映画が始まって中盤を過ぎた頃から、会場にいたほとんどの人が、溢れる涙を止めることができなかった。・・・泣くことが恥ずかしいとかなんとか、もう、そんなことはどうでも良くて、心が動く・動かされ... ...続きを見る
青木英美のニライカナイ
2005/03/13 12:22
きみに読む物語
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね〜。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷彿とさせる素朴さで& ...続きを見る
金言豆のブログ
2005/04/22 23:31
きみに読む物語
わたしは、ありふれた男だ。でも、わたしには全身全霊をかたむけて愛する女性がいる。いつでも、それだけで十分だった。10代の夏にアリーと恋に落ちたときから、彼女と離れて暮らしていた辛い日々も、その後の長く幸福な結婚生活の間も、いつでも彼女だけを愛しつづけてき ...続きを見る
booksjp
2005/05/22 10:52
2005年映画年間ベスト10
BSデジタルハイビジョン5.1chの紅白は大迫力! 石塚です。 ...続きを見る
BIGLOBE平社員ブログ
2005/12/31 22:48
きみに読む物語
2004年 アメリカ製作 ...続きを見る
新・ぴゅあの部屋
2006/07/17 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「ひとりごと」に耳を傾ける準備は完璧。KEIKOです。

石塚さんよく泣きますねー。って私も人のこと言えないですけど・・・。
この映画気になってたし、そんなに「お勧め」されちゃったら見に行こうかな。
KEIKO
2005/02/14 15:40
TBどうもありがとうございます。僕もこの映画は、「今年最初のとても美しい作品」と思います。で、早速、原作も衝動読みしちゃいました^^お勧めです。
yukimaro
2005/02/14 21:44
>KEIKOさん
プレッシャーはやめて(ToT)
感動の涙はすぐ出ちゃいますね。
映画よりドラマとかドキュメンタリーとかの方がよく出ちゃうかも。

>yukimaroさん
とてもよかったですよね。
僕もまた原作読んでみようかなって気になってきました。
石塚@壁紙
2005/02/15 00:32
観てきました。泣きすぎです。
めりぃ♪
2005/02/19 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter

MonoColle

経県地

今年最初のお勧め映画「きみに読む物語」 BIGLOBE平主任ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる